試合

連勝更新中の好調チーム対決は、ホームの立川が6得点で勝利!

~立川アスレティックFC VS エスポラーダ北海道~

11月6日(日)、Fリーグディビジョン1に所属するペスカドーラ町田と立川アスレティックFCが、町田のホームアリーナ、町田市立総合体育館でF1リーグ第11節を共同開催。第1試合として立川がエスポラーダ北海道を迎えて戦った。

立川と北海道は、中断明け負け知らずのチーム同士の対決。立川は2連勝中、北海道は中断前から合わせて4連勝中。勝点は1差で北海道が上回っている状況で、この試合の勝敗によっては順位が入れ替わる可能性もある。

ホームの立川は、アジアカップに出場した上村充哉選手と金澤空選手が好調を維持してチームを牽引。特に金澤選手は得意のドリブルを含めてプレーの切れ味も鋭く、存在感を高めている。一方の北海道は、ベテランの室田祐希選手、水上玄太選手が得点ランキングの上位に位置し、チームを得点面から支えている。

攻守にアグレッシブなチーム同士の対決は、主導権の握り合いからスタート。お互いに積極的な守備で相手ボールを狙い、ボールを持てば前線へ素早く運んでゴール前のシーンを作り出していく。先制は、立川の注目選手、金澤選手の個人技が光るゴール。さらに立川は、時間をおかずに湯浅拓斗選手が得点、1stピリオドを折り返すタイミングで中村充選手が追加点を決め、前半で3点のリードを奪った。

2ndピリオドは、一転して北海道が早々に得点。コーナーキックの流れから立川の守備が乱れたところを室田選手がヒールでゴールに流し込む、らしいシュートで1点を返した。室田選手はその後の直接フリーキックでも得点し、1点差に。しかし立川もここでリズムを渡さずに、新井裕生選手が振り向きざまのゴールを決める。さらに中村選手がこの試合2点目を、上村選手も左サイドから強烈なシュートを放って得点し、6得点を積み上げた。

北海道は、残り時間5分を切ったところで、元ゴレイロの坂桂輔選手がゴレイロのユニフォームを着てパワープレーを開始。その坂選手が得点、さらに室田選手がハットトリックとなる得点を決め、2点差に迫ったが、ここでタイムアップとなった。

立川アスレティックFC 試合後会見


比嘉リカルド監督
ーー試合の総括をお願いします
比嘉
前半は、最初からいいリズムを作って、ディフェンスも良くて3-0にしましたが、チャンスを外し過ぎたところもありました。相手はリズムが掴めなくて、自分たちは攻撃もよかったですし、セットプレーも何回もチャンスを作ったのにもったいなかったです。後半も前半と同じような集中ができればよかったんですが、フリーの状況から失点したり、課題として分析していたところから失点しているので、自分としては悔しいです。そういうところは修正しないといけない。順位を考えると、上を目指していきたいので、勝点3は大きいんですけど、前半はよかったけど、後半はダメですね。次は(上位の)(バルドラール)浦安との対戦ですし、40分間やりきれないと、上の順位は目指せないです。今日の課題を練習から修正して、浦安戦に向けて頑張ります」

上村充哉選手
上村
「今、3連勝しているのは、自分たちのストロングポイントを出すこともそうですけど、うちは相手のストロングポイントを消すという面に長けていて、そこが前半は良かったと思います。後半は、もったいない失点もあったんですけど、前半で3-0になって、正直、自分たちはあんまり経験してない流れで、ふわっとしてしまったところがありました。そういうところを締めないと、上にはいけないと思いますが、勝って反省できるのが一番いいので、一人ひとり切り替えて、来週の浦安戦に向けて頑張りたいと思います」

ーー中断期間中にボラ選手が加入したが、なぜこのタイミングで獲得したのか、今日は出場時間が短かったが、その理由や期待していることなどを教えてください
比嘉「中断前は、チャンスを外したり、もったいない試合が多かったんですね。ですから、ボラのような点取屋の選手が必要だと思いました。問題は、ボラが何カ月か(実戦を)やってなかったこと。自分は使いたいし、彼もやりたい気持ちはあるし、調整もしたんですけど、その後にケガをしてしまったので、フィジカルがまた落ちてしまった。もう一度自信をつけられるように、試合に出したいと思っているので、3-0でリードしたときに一度使った。4-0になったらもう一度使おうかと思ったけど、失点してしまったので。今は、(湯浅)拓斗や(新井)裕生の方がピヴォとして良いので、彼らを使いました。ボラは、キープ力も高いし、点の取り方も上手いから、もうちょっとリズムを掴んで、ディフェンスのところをわかってくれれば、チームにとってすごくプラスになると思います」

ーー上村選手のプレー時間が長いが、どういった狙いや期待がありますか?
比嘉「今出ている選手では、レフティが充哉と裕生しかいない。サテライトから2人、上がってきているんですけど、まだリズムが掴めていないので。本当は、2人右利き、2人左利きにすると攻撃とディフェンスのバランスが取れると思いますが、いないので。だからセットの中でバランスを取らないといけない。今日は、(中村)充と南雲(颯太)、関(尚登)と(湯浅)拓斗が、左足はなかったですけど、うまかったからこのセットを使ってましたが、相手とのバランスで攻撃の強いセットを抑えるのに使いました。僕は充哉にシュートも期待していますけど、チームのやり方のバランスを取れるようにということも期待しています」

ーー中村選手と南雲選手が良いホットラインに見えたが、監督の目にはどう映っていますか?
比嘉「そうですね、コンビとしてはいいけど、2人ともあんまりしゃべらないので(笑)、コミュニケーションはどう取っているのかな? その2人と関もあまりしゃべらないタイプ。しゃべるのは拓斗です。充哉が(代表活動で)いなかったときに、練習でその組み合わせを試したら、その4人がうまくハマって、僕もすごくいいなと思った。その2人は一緒に使いたい2人です」

ーーアジアカップで金メダルを手にして、今日もすごくプレーが切れていたと思うが、自身の変化は感じますか?
上村「正直、プレーのどこかが上手くなったかと言われたら、そんなことはないと思います。もちろんアジアカップで優勝したのは、うれしいのはうれしいんですけど、やっぱりブラジルに2敗(アジアカップ前の親善試合のこと)してますし、まだ世界との差はあると感じたので、自分自身もまだまだやらなきゃいけないことが多いし、正直うれしい気持ちより悔しい気持ちの方が強いです。そこは本当に今、足りないところに取り組もうという気持ちになっているところです」

ーーシュートの意識は高くなったのでは?
上村「シュートは元から遠くても打つタイプなんで、アジアカップでも打っていたんですけど、入らなくて、それも悔しかったです。今は入ってくれているので、少しホッとしてますけど、さっきも言った通り悔しい気持ちの方が強いので、本当にそこはもっとやらないといけないなと思ってます」

ーー先程の話だと、今日の試合は守備がうまくいったというより、相手のいいところを消すことがうまくいったという感覚ですか?
上村「そうですね、僕的には、そっちの方が強いですね。相手のストロングポイントを消した結果、うちのディフェンスがいいみたいな。一人ひとり相手を見て、例えば相手が速いタイプだったら縦を切ったりとか、カットインが上手い選手だったら中を切ったりだとか、本当にそういう細かいところなんですけど、そういうところを一人ひとりが意識しているので、僕たちのディフェンスが良かったというよりは、相手のストロングポイントを消したから、結果、ディフェンスが良かったよね、っていう前半だったという感じです」

ーー3連勝でいろいろな選手が得点を取っていて、前節・今節でゴレイロの西(滉太)選手も出場して、チームの総合力が底上げできているのかと思うが、どう感じていますか?
比嘉「去年の全日本選手権のときは、フィールドプレーヤーが9人しかいなかったんですが、今はケガ人があまりいないので、準備ができている選手を使って試合ができていると思います。リーグ戦は、長い戦いなので、選手たちにはチームとして、グループとして同じリズムで戦えるように成長してもらいたいです」

上村「3連勝はしてるんですけど、やっぱり始めの方で連敗しているし、まだそれを取り返しきれてないと思います。誰も(現状に)満足してないと思うんですけど、うちの課題は、少し勝った後の週の練習が、集中してないわけじゃないんですけど、心のどこかでこれくらいでいいかみたいな気持ちもあると思うし、そこがまだが甘いところだと感じます。そういうところをしっかり締めて、上に上がっていきたいなと思っています」

エスポラーダ北海道 試合後会見


金井一哉監督
ーー試合の総括をお願いします
金井
本日もたくさんの方にご来場いただき、そしてABEMAさんを通して応援していただきありがとうございます。また、このような試合会場を用意してくれたすべての方に感謝申し上げます。今節はゲームの入り方が悪く、自分たちで試合を難しくしてしまった印象です。ですが、チームは最後まで諦めず戦えた事をプラスに捉えたいと思います。試合前のプランとしては、立川さんは個人の能力が高いことから、守備は1対1で負けないことやカバーリングを徹底すること、攻撃では攻守の切り替えを速くすることと自陣からしっかり繋いで攻撃を仕掛けることでした」

室田祐希選手
室田「試合の入り方が悪く、自分も良いプレーが出来ず、自分たちでゲームを難しく壊してしまったと思います。次節は帯広でのホームゲームなので、切り替えて良い準備をしていきます」

ーーハーフタイムにどのように修正をしましたか?
金井
「ゲームの入りが悪く失点を重ねてしまい、戦術的にもメンタル的にも不安定な1stピリオドだったので、まずはメンタル的に落ち着こうと伝えました。戦術部分では立川さんのピヴォ攻撃への守備方法、攻撃ではボールの前進方法などを修正しました」

ーー終了間際のタイムアウトでは、どのような指示をしましたか?
金井
「立川さんの守備方法に対して、自分達の持っているどの攻撃パターンが有効かを改めて全員で確認しました」

ーーゴレイロから転向した坂選手に期待していることを教えてください
金井
「高い技術が坂選手の武器なので、正確なパスを使って攻撃のリズムを変えるところやフィニッシュの部分などに期待しています」

ーー相手の守備に苦しんだ試合でしたか?
室田
「相手の守備というより自分達でゲームを壊してしまいました。失点してから次の失点をするまでが早かったです」

ーーピッチの中ではどのような声かけをされましたか?
室田
「前半は自分自身も良いプレーが出来ず、チームの雰囲気もあまり良くありませんでした。ハーフタイムで前半の事はリセットしてまず1点返そうと話しました」

▶Text by 小西 尚美
▶Photo by 小西 尚美
小西 尚美の記事一覧


ボルクらしさ全開!北九州がすみだに勝利前のページ

粘り強い守備の長野を制し、ホーム町田が3位に浮上次のページ

関連記事

  1. 試合

    優勝に王手をかける名古屋相手にホーム町田が大逆転!

    ~ペスカドーラ町田 VS 名古屋オーシャンズ~12月29日(水…

  2. 試合

    好調チーム同士の対決は両者譲らず、勝点1を分け合う激闘に

    ~バルドラール浦安 VS 立川アスレティックFC~Fリーグディ…

  3. 試合

    台風の目、F2優勝のトルエーラ柏がF1勢を撃破し決勝へ

    ~トルエーラ柏 VS バサジィ大分~F1、F2リーグをはじめ、アマ…

  4. 試合

    Fリーグ初の神奈川ダービーは今季初の小田原アリーナ有観客試合で!

    ~ソーシャルディスタンス勝利のダンスで祝福~12月5日(土)、…

  5. 試合

    全勝中の王者名古屋を逆転で撃破!

    ~仲間と共に戦った年内最後のホーム戦~2月19日(土)、202…

  6. 試合

    5得点で湘南が快勝! 年1回開催の秦野でもホーム負けなしを継続

    ~湘南ベルマーレ VS エスポラーダ北海道~12月12日(日)…

最近の記事

PAGE TOP