選手

いつでも代表が勝つことを意識して。毎日の行動から変化を

~牧野謙心選手個別取材~

19節は、日本代表の小暮監督が初めて招集した日本代表候補トレーニングキャンプが終わったあとに開催されたリーグ戦。初めて代表合宿に呼ばれた選手も多く、大いに刺激を受けて所属チームに戻った。そこで、湘南ベルマーレの牧野謙心選手にトレーニングキャンプでの練習や行った感想、その経験を経てどんな思いでリーグ戦に臨んだかを聞いた。

ーー代表合宿に行った感想は?
牧野
「自分は二十歳という年齢で一番年下だったんですけど、ちょっと悔いというか、もうちょっとやれたなという思いがあります。でも、他の選手のプレーを見ていろいろ勉強になりました。行っただけでなく、この経験ができたことを、これからの自分のプレーに活かしたいと思います」

ーー悔いが残ったというのはどういうところでしょうか?
牧野
「自分のポジションはフィクソですが、フィクソが2人被った状態のセットでプレーをして、一緒にピヴォの選手のマークに着こうということになったんですけど、攻撃したあとの状態で、自分が結構前にいたりしたことがありました。後ろにいるときは、ピヴォとの1対1の対応は少しはあったんですけど、もうちょっと自分の良さを出したかったと思います。自分のやれることはやりましたが、欲を言えばもうちょっとピヴォとの対戦をしたかったなという思いがあります」

ーー代表ではどんな練習をされたんでしょうか?
牧野
「(木暮)監督が求める攻撃の仕方、それを使ったアップなどをやって、アップから戦術が体に染み込むような。監督が使う戦術を必ず取り入れなきゃいけないようなゲーム形式の練習などもあって、トレーニングをやっていくうちに自然と戦術を自分自身に取り込めるような練習をしました」

ーー代表に行ったことで自分自身の成長などは感じられますか?
牧野
「代表は、アンダー20とはまた違うチームで、ベテランの選手などもいて、生き方というか毎日の過ごし方のようなことも教えていただきました。代表に長く居続けるためにも、オンザピッチ、オフザピッチどちらも常に日本代表が勝つことを意識して過ごしてほしいという言葉があったので、自分もそういうことを考えて行動しようと思ってます」

ーー代表から帰って初めての試合というとことで、今日の試合はどういう思いで臨みましたか?
牧野
「自分は合宿に行ったことでいろいろ経験を積んで自信もあったので、絶対に勝つつもりで、特に横浜には体が大きいピヴォの選手がたくさんいて、絶対にそこには負けたくはないと思って臨みました。少し立ち上がりが悪いところがあって、早々に3失点してしまって、自分たちのペースを掴めずという試合になってしまって、結果的に6対3で負けてしまったんですけど、自分でももう少しピヴォとの、相手は結構ピヴォに(ボールを)入れてきたので、負けたくなかったんですけど、少し自分が思っているようなプレーはできなかったかなと正直思います」

ーー本来、活躍すべき試合だったというのは、自分でも感じていましたか?
牧野
「ファンやサポーターはすごく注目してくれていると思いますし、自分もそこに応えたいと思っていたんですけど、自分で思っているプレーはできなかったと思います」

ーーY.S.C.C.横浜にはフィクソのライバルがいるが、意識しましたか?
牧野
「そこは特に。彼(高橋響選手)が頑張っているからといったことは考えずに、まずは自分のことを、ピヴォとの1対1というのは意識していました。相手チームに誰がいるとか、誰が代表だからとか、一緒にやったからということは考えなかったです」

次節試合情報


日程:2021年12月26日(日)

時間:12:00~
対戦:バサジィ大分 VS 湘南ベルマーレ

場所:サイクルショップコダマ大洲アリーナ
中継:アベマで無料中継予定

▶Text by 小西 尚美
▶Photo by 小西 尚美
小西 尚美の記事一覧


ホーム湘南のお株を奪うアグレッシブさで横浜が久々の勝利前のページ

まだまだ進化し続けるチーム。その進化をみなさんと一緒に進んでいきたい。次のページ

関連記事

  1. 選手

    素晴らしいフットボール人生でした

    2020-2021シーズンをもって現役引退を発表した立川・府中アス…

  2. 選手

    Fリーグが自分に夢や生き甲斐を与えてくれました

    2020-2021シーズンをもって現役引退を発表した立川・府中アス…

  3. 選手

    Fリーグ選抜からシュライカー大阪の主力へ

    ~計盛良太、松川網汰両選手が描く成長曲線~「一番近くにいた網汰…

  4. 選手

    シュライカー大阪・田村友貴主将インタビュー

    ~3年ぶりの優勝にかける思い、世界で互角に戦える日本代表のフィクソ…

  5. 選手

    偉大なライバルからの学びを活かして正守護神に(後編)

    2020-2021シーズンを終えて、選手たちはオフに突入。その前に…

  6. 選手

    ボルクバレット北九州・安嶋健至選手インタビュー

    ~3年目でようやくたどり着いた同じ舞台~新型コロナウィルスの感染…

最近の記事

PAGE TOP