試合

勝利への執念がぶつかる試合は、勝点を分け合う結果に

~フウガドールすみだ VS 湘南ベルマーレ~

週末スタートの飛び石連休を含む5日間で各チーム2試合を戦うFリーグディビジョン1。休みに挟まれた11月22日(月)、唯一のナイトゲームとしてフウガドールすみだと湘南ベルマーレの1戦がすみだのホーム、墨田区総合体育館のアリーナで行われた。入場制限は続いているものの、緊急事態宣言が明けたことも手伝って、両チームのサポーターが多く足を運び、完売の席種が出るほどの盛況ぶり。太鼓や手拍子で応援するチームの戦いを後押しした。

この2チームの今季最初の対戦は、湘南がホーム小田原アリーナにすみだを迎え、9対2の大差で勝利している。しかも湘南は前節、王者名古屋を破り勢いづいているところ。一方のすみだは、ここ2試合アウェイでの戦いが続き、勝利からも遠ざかっていた。久しぶりのホームで、立て直しを図る狙いもある戦いとなっていた。

そんなホームチームの思いがプレーとなって現れた1stピリオドの立ち上がり。お互いに4人のフィールドプレーヤーが流動的に動いてゴールを狙うスタイルで攻めあう中、先制点への思いの強さを感じさせたすみだは開始15秒でファーストシュートまで持ち込む。その後も得点には至らないものの、セットプレーを数多く獲得し、素早くリスタートするなどの工夫を見せ、自分たちの流れを掴んで試合を運んだ。

立ち上がりの主導権を相手に譲った湘南も、高い位置からプレスをかけ、隙を見てはカウンターを仕掛けるなど徐々に自分たちのリズムを掴んでいく。12分には、すみだのカウンターを自陣で奪って置き去りにし、内村俊太選手がシュートまで持ち込む。結果的に長い距離を走って戻ったすみだの鬼塚祥慶選手に防がれ得点には至らなかったが、このプレーに限らずお互いに攻守に渡って勝利への執念が見える1stピリオドとなった。

2ndピリオドは入りからお互いに譲らない展開。両者ともに積極的に攻めてシュートまで持ち込むが、両ゴレイロの活躍もあってなかなか得点までは至らない。そんな中、30分にすみだがコーナーキックを獲得。速いボールをゴール前に送ると、中央から田口元気選手がシュート。わずかな隙をついて先制点を挙げた。

その後、攻勢を強めたのは湘南。残り2分にタイムアウトを取ると、パワープレーをスタートさせる。しかし、得点が生まれたのはすみだの攻撃に備えてフィウーザ選手がゴールマウス前に構えたリスタートのパスから。相手陣内の際どいエリアで待つ本田真琉虎洲選手へ送ったロングパスに、すみだのゴレイロ、岸将太選手がゴールマウスを空けて反応。ルーズになったボールを湘南がつなぎ、最後は走り込んだ山﨑歩夢選手がシュートを蹴り込み、同点とした。

試合はそのままタイムアップ。多くのサポーターが見守った月曜夜の熱い戦いは、勝点1を分け合う結果となった。

試合後会見


フウガドールすみだ 荻窪孝監督
ーー試合の総括をお願いします
荻窪
「ベルマーレが名古屋に勝ったあとということで、うちとしては正直非常にやりづらい流れの中での試合になりましたが、湘南にも疲れは絶対にあると思っていましたし、自分たちも連戦の疲れは当然あったんですけど、本当に総力戦になるという話をして、全員で体張りながら泥臭く戦おうと言いました。守備をしっかりしてロドリゴに点数を取らせなかったというところでは、選手たちはよくやってくれたと思っています

ーー湘南対策ということなのか、今までのすみだとスタイルが違ったが、スタイルの変更を考えているのでしょうか?
荻窪
「逆にスタイルが変わったというのはどの辺のところを言っているんでしょうか?」

ーー須賀監督時代は前からプレスをかけるイメージだったが、今日は守備ラインを下げて守ってからというスタイルだったので、そのあたりどうだったのかを伺いたいと思いました
荻窪
「守備の方ですね。今回は当然、ロドリゴが持ったときというのは、小田原で対戦したときに、正直あの試合はうちもガチンコで勝負しにいこうと、グループというよりは個人でもチャレンジしようとしたゲームだったんですけど、もうまんまとボコボコにやられてしまったので、今回はグループでしっかり絶対にやらせないようにしようと、守備も個人というよりはグループでしっかり戦おうというところで臨みました。今季はガリンシャ選手、森村選手がいなくなって、単純に得点が約40点くらいは少なくなってしまっています。そう考えるとうちはまず守備のところでしっかり失点を減らしていかなければ勝利するのは難しいので、どちらかというと守備的に、スタイルを変えたというか、そうせざるを得なかったというか。個人的にはプレスに行きたいんですけど、そのあたりは選手とも話しながらやってます」

ーー今日の入りは相当アグレッシブな印象でしたが、どういった声をかけていたでしょうか?
荻窪
「そうですね、疲れもある中で、そこで全部が全部、引くような形になってしまうと、ロドリゴ選手にどんどんどんどんつけ込まれて、守備の時間が長くなってしまうので、押し返せる時はしっかり押し返していこうというところと、攻撃では少しポゼッションというか、ボールを動かしながら前進していけるっていうのは、4枚にしても3-1にしてもできる自信はあったので、その辺は少し機能していたのかなというふうに思います。そこからシュートまでいけて、高い位置でのキックインですとかコーナーキックですとか、実際コーナーキックからゴールが取れたので、プラン通りにゲームは進められたかなというふうには思っております」

ーー次節へ向けての抱負をお願いします
荻窪
「次節はアウェイの府中戦ということで、それほど遠くはないので、コンディション的には調整しながらいい状態では乗り込めるのかなと思っています。少し疲労は残る中で、実際ケガ人も出ていて厳しいですけど、今日もチームとしてはしっかり戦えたので、府中戦も同様にチーム一丸となって戦って、しっかり勝利を目指していきたいと思います」

湘南ベルマーレ 伊久間洋輔監督
ーー試合の総括をお願いします
伊久間
「平日の夜にもかかわらず、たくさんの方に応援に来ていただいてありがとうございます。試合に関しては、前半、何回かチャンスがあったところで決めきれかった部分と、フウガさんが中断明けから非常に調子がいいというところで、こういう試合になるだろうという想定はしていたので、その得点のところだったのかなと思います。後半、セットプレーで取られた部分の修正は必要だったと思いますけど、その厳しい中で勝点1を取れたことをプラスと考えていきたいなと思います」

ーー相手は湘南対策をしてきたと思うが、そのあたりはどのように考えていますか?
伊久間
「当然、ロドリゴのドリブルのところはそうなるだろうなと思っていました。ただ他の選手がチャンスを作っていたので、その部分のプラスという面もあります。当然、対策されるということはあると思いますけど、だから攻撃がとか、守備が難しくなったとかいうことでもないのかなと思っています」

ーー次節へ向けての抱負をお願いします
伊久間
「次節ホームで北九州戦ですので、今日の修正とコンディションを整えて、次に向かいたいと思います。応援ありがとうございました。次もよろしくお願いします」

▶Text by 小西 尚美
▶Photo by 小西 尚美
小西 尚美の記事一覧


ロドリゴ、ハットトリック!湘南が9得点で第2クールも幸先よくスタート前のページ

ホームの後押しを受けて大量5得点で町田が勝利次のページ

関連記事

  1. 試合

    湘南が6得点。F1自力残留を目指す長野の夢、潰える

    ~湘南ベルマーレ VS ボアルース長野~2月21日(日)、コロ…

  2. 試合

    互いに譲らず、合わせて8得点の見応えあるゲームに

    ~名古屋オーシャンズ VS 湘南ベルマーレ~シーズンも最終盤を…

  3. 試合

    パワープレー返しで3得点、開幕戦は幸先よく北海道が勝利

    ~ペスカドーラ町田 VS エスポラーダ北海道~6月18日(土)…

  4. 試合

    最後まで気迫あふれる試合は両者とも譲らずドロー

    ~ボルクバレット北九州 対 湘南ベルマーレ~ 7月4日(日曜日)…

  5. 試合

    守備からリズムを作り、ホーム開幕を迎えた湘南が完勝!

    ~湘南ベルマーレ VS 立川アスレティックFC~7月2日(土)…

  6. 試合

    互いに持ち味を出し合った2日間、粘り強く戦った長野が逆転でF1残留(記者会見)

    ~ボアルース長野 VS しながわシティ~ボアルース長野…

最近の記事

PAGE TOP